2018年8月3日金曜日

2017年7月31日(火) 岡山県・倉敷市真備町 箭田サテライト

二日目は前日の失敗を繰り返さないように慎重に店を選びます
な・なんと…誕生日半額の権利を半ば強引に前日の時点で確約させ、勝利を勝ち取った我々はアイ・カフェにチェックイン。
そう、この日タノ隊長29回目の誕生日。おめでとうございます
家では可愛い息子と素敵なお嫁がケーキを準備して待っているというのに…あぁ誘ってしまったことにうっすらと罪悪感が。
とはいうものの一人だけでなく、三人の料金が半額になるというウルトラC級の交渉術。あざっす。
目を覚ましてフラフラしているといいつかくんがサービスのおかゆを持って歩いている場面に遭遇。そうです。アイ・カフェはおやつやら朝食やらのサービスがつくのです。朝食はこれで十分。


なんて優雅な朝食
年甲斐もなく牛乳など飲んじゃったりして清々しい気分で撤退。
そこそこ寝て気分晴れやかな三人が向かった先は倉敷災害VC。朝の通勤ラッシュに巻き込まれながら1時間弱で到着

駐車場から体育館へ


駐車して体育館に向かいますが、人は多い。でも流れはいい
実にシステマチックにスムーズに動いている


バスの乗車待ち(A~F号という具合にピストン輸送)
事前にアプリを使ってネットで予約を入れていれば当日画面を読み取ってもらうだけど受付完了。あの用紙にわざわざ記入する必要も省け、おまけにセンターの打ち込み作業も省けるというシステムはwin-winな感じです

ここでは5人1グループでチームを作りますが、オッサン三人に果たして誰が入るか…
みんなの思惑はひとつ…女性来い!という執念にも似たギラギラとした目つきを放っていたからかどうかはわかりませんが、偶然にも京都から参加した紅一点、ネイリストのYさんがおっさん臭いチームに加入

京都弁がまた清らかで、なんとも言えない可愛らしさを醸し出してくれます。久々のタノハラものちに容赦なく炸裂。おいおい、大丈夫か…

もうひと方は広島から来られた年配のKTさん。そうオッサンです。
女性が一人でもいるとやっぱり華やかで男性陣のやる気もぐっと上がるもの。よこしまな気持ちじゃなく必然です。

バスに乗り向かう先は箭田サテライト。真備町の中でも被害が大きかった場所の一つです。車窓の光景がみるみるうちに変わっていきます。のどかな田舎の風景からなんか見慣れてしまっている被災地へと…


のどかな風景・・・からの



橋の近辺から様相は一変します
やた=箭田


サテライトにしては結構な規模。災害の大きさが伺えます
サテライトでは意外と早くマッチングが終わり、現場に向かうことに。車で5分くらいだが、歩くと相当かかりそう。家主さんと職員の方が送ってくれました。


テントがあるのはありがたい マッチング待ち
現場は昔ながらの大きな家ですが、河川の氾濫により二階部分まで水が来たそうです。胸辺りまで水が来たようで二階での生活もままならず、一階の一角にテーブルやら何やら置いて活動拠点としています。生活感が溢れる品々が無造作に外に…いつ見ても辛い光景です。


作業内容は床下の泥出し、木材などの片付け、土壁の撤去など。
タノ隊長は足を踏み外さないように慎重に歩きます。


嫌な言い方だけど見慣れてしまった光景
旧民家という佇まいのこの家は間取りも広く部屋数が多いだけになかなか片付かない印象です
タノンティアチームは床下の泥の撤去を担当
土嚢をバケツにセットし、満杯になったものを手慣れた手付きで縛るリーダー。さすがです。あの石巻で数千以上の土のうを扱っただけの所作。体が覚えきっているようです
一方で泥を掻き出す量をうっかり失念し注意を受ける僕


ブランクを一切感じさせない手慣れた手付き
さらにそれを一輪車でちょっと離れた集積所にてタノミッドに…運ぶ→土のうを縛る→バケツにセットする。を一人でこなすのは結構ハードな作業です。



炎天下の中何往復も。この作業が一番キツかったはず
いいつかくんと自分で床下の泥をひたすら掻き出す。黙々とストイックに作業をこなす。汗だくになりながらいつも誰よりも動いている印象があります

床板が剥がれている部分とそうでない部分がありますが社協では床板剥がしは専門の人がやる内容なので手を出すな、との通達なのであくまでも泥を出す。
しかしながらこのままじゃ終わらない。と、家主の許可を得て、床板がある部分を剥がすことに。
この日の気温、37℃。ホコリもものすごい。


床板外しは釘との戦い。バールや金槌を使い剥がしにかなります
端っこの部分が一番外すのに苦戦します

夏のシフトとしては20分やったら10分休憩というルーティン。短いようで長いような20分。休憩時には「もっとやれるんだけどなぁ」と思いつつ作業時には「いやぁ~きっつい」となる。
無理をして倒れては元も子もない。
夏場はそんなジレンマとの戦いのような気がします。ホント無理は禁物。

そして11時から作業開始として2ターンで昼ごはん、一時間休憩を取って3ターンやったらその日は終了…

これじゃなかなか進まない
2時45分にはサテライトからバスが出るから30分には帰ってくるように言われている関係もあり、最後2時10分から作業を開始し、30分にサテライトから迎えが来る。急いで乗らないと次の送迎もあるのでモタモタしていられない。大慌てで道具を集め家主さんとゆっくりご挨拶もできずに急かされるように現場をあとにする。

仕方ないとは言え、後味悪い徹底です
結局最初に担当した部屋の床板を少し残して終了。ニーズは継続申請。

タノ隊長のタノミッドを見る余裕すらないバタバタした一日の終りでした
帰りに運転手さんが、色々と話してくれます。ふと高架を指差し、あのオレンジのラインはどっかのNPOが、洪水が発生したらここまで水が来るから注意しろ、と塗ったものだ、と説明。実際にはそれよりも上まで水が来たそうな。薄汚れた部分まで水があがってきたということ。建物の2階はゆうに超える高さです。



このオレンジのラインの上まで水がきたらしい
二階に逃げれば平気だと思って二階に逃げた住民は孤立してしまう結果となった今回の大雨。
その後の逃げ場は屋根しかないわけです。

避難勧告では上ではなく安全な場所に逃げないといけない
津波では高いところと言われているが、大雨ではただ高いところでは孤立して下手したら救助が来ず、水食料が尽きる可能性も出てくる。
自然災害の怖さを再認識させられた。


道のど真ん中に物置が流れ着いたまま放置
町並みはどの家も一階部分は開放。二階部分で生活する雰囲気もない。閑散として生活の物音が消え去り、ただボランティアが活動する音だけが響き渡るエリア。



車一台通れる部分をあけて積み上げる


本当にのどかな田舎の風景だがそこにあるはずの稲はない…


地面も干上がり亀裂。ところどころモノが散乱している


子供のおもちゃ…見つけると心が痛くなります
このトミカはおそらく子供が大切にしていたものだろう。うちにもあるなぁ、きっとお気に入りだったのかもしれないな、などと考えると本当に切なくなります。
水害の怖さは流されてなくなるものがあまりに多いこと。命も脅かされるだけでなく、その後の生活がメチャクチャになってしまうこと。本当に自然にはかなわない。


活動終了。サテライトにつき、道具を洗ったり報告書に記入を済ませ倉敷災害VCへ

サテライトから倉敷災害VCに戻ると大急ぎで車を「満天の湯」に、との指令が。

聞けば、京都から参戦したYさんを送り届ける算段に。京都へのバスの時間があるのでなるべく早めに、とタノ隊長。
若い女性ですから汗かいたらシャワーなど浴びたいでしょう、バスの車内でそういう話になっており、気を利かせてサラリと・・・さすが粋な計らいです。

被災した方は500円で入浴が可能らしい…(通常900円)
我々はJ○Fクーポンで200円引き。

自分たちも風呂に入りその後はみんな大好きラーメンを食って帰路につきます。
おばちゃんワンオペのこちらの店

ラーメンてんりょうおか阿賀崎店

は、優しいスープ、細麺…疲れた胃には染み渡る一杯。


わかめラーメン大盛り(650円)ワカメたっぷり!モヤシは緑豆もやし!



麺リフトをキメる。細麺がスープとベストマッチ
外観はアレですけど味はいい!
本当にうまいラーメンでした。
というか、こういうラーメンを美味い、不味いっていうのは無粋です。とにかくいい。
ラーメン450円とコスパも最高。ごちそうさまです。
(いいつかくんはカツラーメン600円。とんかつを揚げて乗せたものを食ってました)

さて腹いっぱいになった御一行は6時に倉敷を出発。途中運転を交代しながら夜中3時に横浜着。その後いいつかくんはタノ隊長を途中で降ろしつくばへ…

時間があれば、もっと近ければ…とタラレバじゃないけど、できれば夏休み中にもう一回、3日間くらいやりたいものです

サテライトに直接来ればもっと早いのでは?と思ったけど直接は来ないでほしいと言われてるようです。どっと押し寄せたら収集つかなくなるからでしょうけど、常に思うのは「待ってる時間がもったいない」ということ。

だいぶスムーズにはいきましたが、やっぱりもったいないかな。
この日の倉敷市VCの活動人数は962人
これだけの人数が日々入っているにも関わらず本当にまだ手付かずの地域もあるようです。
もう年も年だし建て替えるのは…とあと何年元気でいられるか不安に思うご年配の被災者の方々は厳しい選択に迫られます

この場所で再び家を建て直すか、または土地を離れるか…
改築と言ってもほとんど家を建て直すのと同じでお金も掛かる。
家を解体し、廃材を撤去し処理する。更地にして700万掛かるという算段らしい

あと30年住むのなら考えるけど余生を考えた時にはそう簡単に決められないみたいです。

不安な気持ちになる、我々はその手助けにはならないかもしれないけど、せめて家の中をキレイにしたい。そうなることで気持ち的にもちょっとは楽になってくれたら…などと色々と考えた二日間でした。


お疲れ様でした!



タノミッド before after



これだけの量を猫で運ぶのは相当の労力だったと思われます

2018年7月30日(月) 岡山・総社ボランティアセンター

今回は6月28日から7月8日にかけての豪雨、西日本豪雨災害のお手伝いに倉敷に行くことにしました。

メンバーは…なんと足の怪我やら家庭を二の次にしてまで2015年の常総以来の参戦のタノ隊長、そしてお馴染みつくばの雄、いいつかくんです。

事前に災害派遣等従事車両証明の申請、ボランティア保険の申請を済まし準備万端。
29日(日)の昼に合流し、いざ西へ
大分よりは近いだろう、なんて考えは甘く都合10時間超の長旅に…
(いいつかくんは地元から約12時間)
途中小休止を取りながら向かいます。
 


さて、遠路10時間の終着の宿泊場所は恒例のネカフェです
タノ隊長は人生発のようです。値段とシャワーなどを念頭に『快活CLUB倉敷水島店』に決定

初日はここで解散。各々各ブースで夜を迎えます
なるべく離れた場所に…というのはお互い大人の事情を気遣ってのことでしょうか。
宿泊パックで約2,500円程度。飲み物も飲み放題、ソフト食い放題の特典つき。安い宿でも5000円はすることを考えると安いものです。

しかしながら、朝、タノ隊長に会った時に、青白い顔で『全く寝れなかった…』と恨めしそうな様子。
ええっ?聞くところによるとBGMが耳障りで全く眠れないとのことです。
そして冷房が強すぎて一人で毛布を5枚くらい使っていたとのこと。
いいつかくんも同じような理由でした

JOJOを5冊くらい持ってきたけど一冊読み終わらないうちに爆睡していた自分は信じられない事態。徹夜で作業はさすがにやばい

しかしながらこの日は台風の影響のため、ボラセンはことごとく閉所
台風の影響を考慮して二次災害の情報収集などに徹するしていなのかもしれません
頼みにしていたボラセン(水島ひろえサテライト)は土日のみの開所だったようで途方に暮れる我々が目指したのは…

なぜかみんな海パンを持参しているという偶然の一致によりなぜかとりあえず海に行ってみる事に。

ネカフェから約40分。渋川海水浴場に向かいます
台風が去った後と平日の影響からか人影はまばらです
水着ギャルの姿もなく、しょんぼりする御一行。
とはいえ瀬戸大橋をバックに青い空の下、大人の休日を各々堪能します

イルカのようになぜか私服で泳ぎまくるいいつかくん
えっ!これって水着だったのね


もう何をしにきたのだかもはや方向性を見失う一同

終わりの見えないこの状況にだんだん飽きてきたせいもあり、まったりしだします。
意識の高いタノ隊長がボランティアのリサーチをしてたら、なんと、総社VCはやっているのでは、との情報が。

電話を入れると、泥だしなどのニーズは収束したが、支援物資の仕分けなどはやっているとのことで急いで着替えて向かいます。もうこの際やれることはなんでもいい、という三人の意見が一致

行って飯をいきなり食うわけには行かないのでその前に…と近くのお好み焼き屋に。総社市のお好み焼きランキング2位に入る「マウントクック」に。
お目当ての広島焼きではありませんでしたが、ホルモンうどんがやたら美味しい。

 
総社市役所では受け入れ先がなかったり集まった支援物資を被災した方々に持っていってもらう。
たくさん集まった物資をブースごとに分けていく作業です。最初はどこになにをおいていいかさっぱりわかりませんが次第に
「せっけんどこ~?あ~あっちだよ!」
などと慣れてきます。



台車を使っての仕分け作業





食料品、飲み物などは一人○本まで、などと制限も


市場…言い方悪いかもしれないけど闇市のような、バザーのような…ただしそこにはお金は存在しない。好きなものを持っていくスタイルです

日陰だから日差しを避けられるのは有り難いが湿気で具合が悪くなる感じもします。
支援物資が届いて困ってしまうという話は聞いたことがありますが、ここでも色々とありました
善意によるものなで敢えて書きませんが…送る側のリテラシーも今後必要なのかもしれないとは感じます。
 
この日活動して足りないもの、もしくは品薄だな、と感じたものとしては…

1 洗剤(洗濯用洗剤)
2 歯ブラシと歯磨き粉(すぐになくなりました)
3 大きめのタオル、タオルケット(ダンボールの上に寝てる方がいまだ多いみたいです)
4 食品(スナック菓子、嗜好品など)
5 靴下(夏用のくるぶしソックス)
6 掃除用具
7 長袖の薄めのシャツ
8 赤ちゃんのオムツ

などでした。女性用の大きめのシャツなどの衣類も欲しがられていた方もいましたが、女性用の衣類は仕分けが大変です。サイズ、種類、など細かく分類する必要があり衣料店の方がいたらなぁ、と思いました。どうしても50近いオッサンにはそのへんはなかなか難しい作業でした



丁寧に子供用の靴を並べる…


子を持つ親の心境としては靴はすぐに履けなくなり、綺麗なものも多いし、何よりなんていうか愛着が自然と沸き起こる。そんな思いで丁寧に靴を並べているタノ隊長。
不用品かもしれないけど使っていた子供、親の気持ちを感じながら仕分け作業を進めます
 
誰が履いてたのかな、ばあばに買ってもらったのかな…何かのお祝いかな…子供の成長は早いので小さい靴、80以下のシャツなどはすぐにきれなくなってしまうのです。
120くらいからはちょっとずつ着れる期間が長くなっていくというのも親になってわかること。
手慣れた手付きで仕分けをするいいつかくん

ガレージに所狭しと並べられた善意の救援物資




恒例のタノンティアポーズで撮影




バスタオル、タオルケットは重宝されます

 
活動は4時で終了のようでしたが、特に声もかからず三々五々流れ解散、しかしながら遅れてきた後ろめたさもあり6時まで活動をすることに。特に何もすることないですからね

カブに乗ってビブス付けたままヨロヨロと帰る地元のおばあちゃん。5時過ぎに申し訳なさそうにこちらをチラチラ見ながら退勤する役所の方々。いいんですよ、あとは我々がやりますから!と心の中で思う

最後は特に報告もなく終了。
ちなみにここは9時から7時まで開いているそうです。
さぁ一行が向かう先は…そうネカフェリベンジ!
うっとおしいヒーリング系BGMだけは勘弁…

二日目につづく

2017年7月30日日曜日

2017年7月30日(日) 大分日田市・大鶴サテライト

さて二日目は「大鶴サテライト」に直行します。
ネカフェの畳部屋に寝たらダニかなにかに噛まれたようで、背中と尻がやたら痒い感じですが気にせずにいきましょう。

8時30過ぎには受付を済ませ、マッチング待ち。
8名チームが編成され現場に向かうも、地図が間違っていたため右往左往しながらなんとか到着。
川沿いの住宅ではあるけど、高い場所にあるけれど橋の近くなので川から水が溢れ、さらには裏手の崖が崩れて被災した模様。
裏手から土砂崩れが発生してしまったようです

一部屋の畳と床板を剥がし、床下を見ると水が溜まっています。

幸いコンクリートの基礎なので泥を掻き出すというよりは水を抜く作業。


しかしながらこの狭い空間に8名はいらず、家主さんに言って他の作業にもまわります。
ここは熟練のリーダーとサブリーダーがネズミ部隊となり床下に潜り水気を除去していきます。

既に他の部屋は床下の泥出しを終え消毒もされている場所もあったので、サッシの掃除、庭の整備、側溝掘りなどをやります。




この日も猛暑全国イチの暑さ38℃予想ということで、某国営放送が取材に来ました。家主さんに取材許可を取ろうと担当のディレクターが話をすると、

「私たち、被災してその後の処理でもう身も心も疲れ切ってるんです。頼みの綱は毎日来てくれるボランティアの方だけなんです。私たちより良ければボランティアの方を撮ってほしい」
とのこと。
なんか目頭が熱くなる家主さんの一言でした。頑張らなくては!と力が入ります。

とにかく暑く水を飲んだりする場面や作業の様子などを撮影して帰っていきました。(後ほどN◯K大分放送で流れたようです)










庭は本職の作業員の活躍により見事綺麗にならされます。
(注)あくまでも乗ってるだけです…
土嚢袋もいいつかくんが綺麗に積み上げます。久々のツカミッドには量的に足りませんでしたがゲートくらいに。


2時30分この日の作業終了ですが、まだまだ作業は必要なので継続で。


暑さはありましたが、山間部なので日影に入るとちょっと風もあり、やや涼しかったのかも。


今回の災害はニュースでも流ていましたが上流から材木が流れてきてそれが橋に引っかかり、流が変わり氾濫したということ。


これは行ってみて話を聞いて分かりましたが、日田市の山間部では林業、特に日田杉と呼ばれる杉の伐採が盛んだったようで、その昔、伐採後にまた植林をしたわけですが、杉は根がそれほど深くはらないようで、それが崩れて土砂災害が発生したらしいです。間伐もしっかりとしないせいで中途半端な杉がひしめき合い、地盤がもろくなっているという話です。




本来は洪水を防ぎ、自然のダムとなるはずの森が災害をもたらすことになってしまうという恐ろしい災害でした。


まさか、こんなのどかで、一生災害とは程遠くのんびり暮らしていた場所で被災するとは思っていたなかった。と思われた方々がほとんどだったことでしょう。


店も無い、ただ家々が点在する都会の喧騒からかけ離れた場所が…
と改めて大規模な災害は地震、津波だけでは無いということを思い知らされることになりました。
家に土砂が流れ込み、本来なら大規模なリフォームをせねばならぬ状況下、余生を考えるとリフォームや建て替えるだけのメリットも見当たらず、なんとか綺麗にして住み続けたい。そういう切なる思いを抱えた被災者の方々の姿を見ていると、とにかくなにかせずにはいられなくなる。疲れきった家主さんの表情を見るとこちらも辛くなりました


さて、帰りはボラセンに戻るもダラダラせずにサクッと切り替えます。



昨日と同じKIZAN倶楽部さんにお風呂を借り、サクッと日田市をあとにします。さらば大分。


帰りは1時くらいまでは交替で運転をしていましたが、
「運転が荒い、フラフラしてる…」と指摘され、身の危険を感じたいいつかくんとツッチー氏が代わってくれて(もうお前は運転するな、と言う暗黙のプレッシャーが…)朝7時半。横浜に到着しました。
その後、二人は約2時間掛けてつくばへと帰っていった模様。本当にお疲れ様です。
運転がヘタレで申し訳ないなぁ…と二人には迷惑を掛けてしまいました。


総評としては災害はどのタイミングでどこで発生するかわからないことをまじまじと見せつけられた二日間でした。


なお、日田市のボラセンは大鶴サテライトと合併。こちらは車が無いと行けない場所です(電車も線路がダメになり使えない)
車の方は災害派遣等従事車両証明が発行されるので各自治体に確認後に申請してみてはいかがでしょうか。

本所センター  8件の活動に対し111人
大鶴サテライト 17件の活動に対し217人










N◯K大分のニュースの動画はあげられないので割愛致します